《9月の例会報告》

いよいよキャンプのベストシーズン。
9月の例会キャンプは25,26日、松林さんがチョイス
した洞爺湖は裏洞爺・なぎさ公園サイドの湖畔で開催。
前日の24日は台風18号が北海道を直撃。
25日もあやしい空模様。
札幌は午前中に雨が上がり、俺は午後2時出発。
ところが定山渓の手前あたりから雨で、峠は大荒れ。
行けども行けども雨足は弱らず
「こりゃ今日のキャンプはダメだべ」と最近とくに
言葉が汚くなった小6の娘。
のろのろ運転の大型トラックの後についたため2時間以上
かかって洞爺湖が見えるにポイントに。
おっと、スッキリ見渡せるではないか。
それまでの嵐がウソのようないい天気。
カルデラ台地から一気に湖に下り、左折後ほどなく
キャンプ場現着。

今回幹事の松林さんが午前中に着き、東海HMCCの鈴木進さんを迎える。
北海道に年2回ペースで来ている彼は、たしか13日仙台からのフェリーで苫小牧入りし、
同日夜我が家を訪れてくれた。かみさんが風邪でなんのもてなしもできず失礼したが、
2時間ほどクラブの近況などを聞かせてもらう。小樽、長万部のラジウム温泉などを回り、
この日例会に寄っていただいたが、残念ながら6時台の苫小牧からのフェリーに乗るスケジュール。
で、皆には会えず「メンバーのみなさんにくれぐれもよろしく」と3時前には会場を後にしたとのこと。
 

すでに沢口さん、半浦さん、山本さん、上村さん、久保さん
各ファミリー(中には自分を含めファミリーとは言い難い
メンバーも相変わらず)が到着していて、やがて中村さん、
平川さんファミリーも到着。
この日の共同メニューは「ちゃんこ鍋」と「てっぽー汁」
という鍋づくし。早速料理に取りかかる。
上村さん持参の薪ストーブとガスの五徳にそれぞれクラブの
大鍋をかけて、皆が持ち寄りの材料を投げ入れて豪快にでき
あがり。今回も鍋料理だけで満腹に。
アルコールもいつになく皆ピッチが早く、ビールやウイス
キーに加えてめずらしいワインや300年前の製法で再現
した復古酒、果ては泡盛の古酒までさまざまな酒が飛び出
して、かつてない盛り上がりとなる。
地べたに横たわる人までいて。
俺も異常に酔いが回った。
そのはず、3日前にホテイシメジを食べていたのだ。
前日も酒を飲み上半身が紅潮し、後頭部が締め付けられる
ようで、呼吸が苦しくなっていた。

変だと思い、インターネットで「きのこ」を検索してみると、ホテイシメジは酒と一緒に食べてはいけないことに
なっていた。しかも前後4−5日は酒を控えること、とある。
でも3日たてばたいしたことはないだろう、まして酒のないキャンプなんて俺にはあり得ないのだから、めずらしくて
飲みやすい復古酒などを次々に当然のように飲んでしまった。
前日ほどではなかったけどやはり変だった。ホテイシメジ、とびきりおいしいけど、みなさんも気をつけて。

てなわけで11時過ぎには眠りにつく。でもまだ遅くまで
飲み明かしていた人もいたそうな。
あ、そうそう、子供たちもエビ取りやあちこちの家(車)に
集まりこの日はとくに楽しんでいたようす。
久しぶりに本来のHMCCらしいキャンプスタイルに。

夜、少し雨に当たられたけど、翌日は快晴。ただ風が強く、
付近はマリンレジャーの基地になっている場所だがその連中
には少し気の毒な天気。
今回だれも舟などを用意しなかったのは正解でした。
デー参加で藤原さんが顔を見せる。
ちょうど昼にお開き。
9ファミリープラスゲスト1の参加でした。

          (報告・垂水)