<<2003年8月例会報告>>

雨。朝早く出発予定だった気持ちがいっぺんに砕けた。 二度寝の後のすっきりしない頭で用意を始めた。ちょっとした予定外の事態発生。会長から預かっていたカヤックがキャンピングカーに入らない。やむなくカヌーとカヤックを仲良く重ねてシャリオのルーフに積んだ。さぁ出発。今回は息子と2人参加。
支笏湖のモーラップ到着は一番。今にも降りそうな空を眺めながらテントを設営していた。まもなく久保さん、野崎さん、堀切さん、垂水さん達が到着。

藤原と垂水さんは昨年共にカヌーで天塩川下ってグランドマスターの称号を貰った仲間。さっそくカヌー、カヤックを出して久しぶりの水の感触を楽しむ。と言っても垂水さんは最近カヤックを購入され、今回初めてカヤックに挑戦。垂水さんとはずいぶんと長い付き合いだが、あんな真剣な顔を始めて見た。
会長の奥さん、娘さん2人が皆に会いたいと?、いや、旦那のカヤックの初挑戦を見たいと?いや、本当に会いたかったのは・・・ とにかく会場をお訪れました。

 
本間さん夫婦と奥さんの兄弟御夫婦2家族、計6人が到着。みんなでテント設営。挨拶代わりにいただいた。メロンは今が食べ頃の最高級。

 


山本さんは奥さんと娘さん+彼女のお友達2人の5人で参加です。最後に着いたのに、先に設営の終わったキャンピングカーを退かせてまでも一番良い場所を確保。旦那は娘達のためにせっせとテントを設営。
長く見ていなかった娘さんはすっかり立派になってびっくり。まもなく目的を果たしたのか会長の奥さん、娘さん退場。



今回もまたまた久保さんの料理の腕が冴えてましてすっかりごちそうになった。伊達の時代村で大名行列見物を終えて多田さん到着。前回の例会で貰った北海道HMCCのワッペンをフロントガラスに誇らしげに貼って。立派な準会員の登場。夜半からの雨を避けながらいつものおしゃべりとお酒が続いた。

雨音。目が覚めると今日も朝から雨が降ってました。
周りのテント組もうらやましげに空を仰ぎ見るだけで誰も帰り支度を始めません。

10時頃やっと雨が小降りになったとたんあちこちで撤収騒ぎが起きました。我々も負けじと帰り支度。11時前には順次解散となりました。
参加者の皆さん雨の中ご苦労さんでした。

ふーさん記


 


戻る