<<2003年11月の例会報告>>

新年度の総会が11月24日、定山渓温泉のホテル鹿の湯で開かれました。出席は9会員22人でした。

午前10時半くらいに開会。はじめに「平成16年もできるだけ多くの人が例会キャンプに参加できるよう、楽しい企画づくりをお願いします」と会長あいさつ。
事務局の木村さんの司会で議事に入り、03年の活動状況を会長が報告。続いて03年のクラブの収支結果が事務局兼会計の山本さんから報告があり、この監査について半浦さんから「帳簿、領収書などをチェックの結果、すべて適正に処理されています」と報告があり、これらがいずれも承認されました。


いつもの人が挨拶をしました。

遠くからも参加してくれました。
このあと04年の例会開催で、どのようにしたら参加が増えるかについて、活発な意見がでました。「会員をグループ別に分け、各幹事のリーダーシップで活性化を」「気軽に参加できるのが当クラブの持ち味。各自の肩の荷が重くならない運営を」「開催地を道央集中でなく幅広く」などなど。結局、グループ別と専任幹事の折衷案として、すべての例会幹事を複数にすることで折り合いをつけました。それぞれの幹事の方はより協力して例会の企画と開催をお願いします。

       
       

いつも家族一緒でいいなぁ〜〜

     こっち向いて・・・
04年の会計予算では、15年会計でも支出の約7割が総会費用負担になっていることや、時期繰越金が増えていることから、今回も会費の引き下げについて議論が交わされました。この結果@コテージを借りての例会開催費に充てるAいずれかの時期に行う記念例会に備える―などから、現行どおりとすることが承認されました。

その他の議題で、クラブの備品(当面、集合テント)購入については、さらに検討していくことになりました。またステッカーの更新は、まだ在庫が多少残っているため、先送りとしました。                         (文責・垂水)


 


戻る