−2004年6月 例会報告−

報告は(へたなたけし風)

12〜13日、場所は胆振管内豊浦町の温泉「しおさい」サイドだ〜。ここでは昨年6月に続いての開催なんだ。おいらは先月末で36年間の宮仕えからいったん開放されてさっ!でも遊んでちゃ飯食えなくてサ、再び雇用された身なのさ!でも気分的にはずっと楽になっちゃって、週末のずっと前から着々キャンプの用意してサ、11日(金)夜には出発したもんね。長年の例会参加で前日から出かけたのは記憶にないなあ。おそらく初めてか、あっても2回目くらいだろうよ。変われば変わるもんだ。おまけに今回は家族(3人)連れだっつうの!久しぶりに本来?のキャンプスタイルに戻ったっつうことで…。
札幌から中山峠経由で約2時間、午後10時前には現着したぜ。日中の好天とは打って変わって冷たい風が吹きすさんでいてさ、そのせいか先着の3台はすでに皆就寝モード。
今年も先月28日に来道した関西の多田さん夫妻と、秋田港から苫小牧に上がったばかりの佐賀の末次さん、そしてわが地元メンバーの半浦さんの3台。おいらの気配を察知して多田さんが声をころしてあいさつに出てくれて握手!うちらも早々にビールあおって床についたぜ。
本州からのお三方(多田さん・末次さん・鈴木さん)
 

翌朝は薄ら寒い曇り空だっ。夜中に木村さん親子が着いたらしく、初登場のトレーラーテントをセッセとセット。ほどなく前日来道したという千葉・習志野の鈴木さん夫妻、そして体調回復めざましい野崎さん夫妻、室蘭の中村さん夫妻、さらに北見から延々8時間走り続けてきた中道さんも到着だっ。おいらは昨年ゲットしたシーカヤックをはじめて海に浮かべるべく屋根に積んできていたのさ。まず高2の娘と湾内を一周してみたサ。はじめいやいや乗っかっていただけだった娘も、そのうちまじめに順調に漕ぎ出して、まずは初航海成功ってわけヨ!
午後になって久保さん・上村さん組み、藤原さん、半浦さんJr、そしてしんがりで幹事の山本さんが現着。合わせて10会員プラス準会員ら3の13ファミリー?が集まったよぉ〜。記念例会を除くと過去最高(多分)かそれに近い参加数じゃないのかな。夜は集合テントや各サイトでパーティーが始まってよ、やっぱ、これがメーンエベントかな。幸いにも夜はさほど寒くはなかったナ。途中入浴して、優雅?なリフレッシュのひと時だったなぁ。
   
12日は絶好のキャンプ日和ヨ。浜遊びや釣り、昆布やカキ貝採りなど、この場ならではの楽しみに興じたぜ。ちなみにおいらはF氏とカヤックで外海に漕ぎ出してみたのっ。波も穏やかで何の不安もなく小一時間快適なツーリングさっ。

カヌーに興じる若者(もちろん前者)

 
カキや昆布がザックザック
昼には採ったばかりのカキの炭火焼などを味わってサ、朝採った昆布も好天で昼過ぎにはパリパリに乾燥、しばらく出し昆布は買う必要がなさそうなくらいだぜ。午前中に発ったメンバーもいるにはいたが、今回ばかりは大半のんびりと過ごしていたナ。おいらも、しおさいを後にしたのは3時過ぎかな。しおさいのキャンプ、言うことなしだったぜ!(T)
採れたカキのほんの一部
取り立てのカキ 最高!!

生もよし、焼いてもよし・・・

 


戻る