−2004年7月 例会報告−

(不肖ふーさん)

今にも降りそうな空を見上げながら14:00出発。無事到着。すでに幹事の木村さん、前原さん、久保さん、準会員の多田さん達がキャンプサイトを形作り、くつろいでいた。会場は昨年に引き続き皆楽公園の一角で、砂利を敷いた駐車場。他のキャンパーが居ない場所なので安心。
ふーさんもトレーラーをセットし皆の仲間入り、程なく道に迷っていた中村さん到着、暗くなる前には最後の本間さんも着いてメンバー勢揃い。

 

 
いつもの夕食会、いつものおしゃべり、堪えない笑い声、癒し、癒されの時間がまったりと過ぎてゆく。

もう来る予定の人は居ないはずなのに、キャンピング仕様のマイクロバスが近くで駐車。さっそく前原さんが偵察に・・・

隣の車がうるさくて逃げ出して来た、気の毒なキャンパーでした。お誘いして仲間に引込みました。仕事をリタイヤした御夫婦で、岡山を出てから1ケ月以上道内を廻っているそうです。

合ったばかりなのにたちまちうち解けすっかり仲良しに、楽しい話しを聞くことが出来ました。何もないと言いながら出した沖縄焼酎「泡盛」で、いつもはおとなしく飲んでいた人達も今日はかなりのハイテンション。

 
 
翌早朝、なにやらとても騒がしくて起きてしまった。あの豪快な笑い声とあのちょんまげは○○さん!休部はしたもののやっぱりキャンプに来たくて我慢できなかった。ま、いっか!

 

あの御夫婦が置いていったハムの缶詰を持ち出した。お化けのようなデカいプルトップを引くと何とも言えない臭いを辺りに撒きちらした。炭火にあぶり皆で試食。 うっ 旨い! しょっぱい!(これ以上味に興味のある方は食した人に直接聞いて下さい。)


滅多にないことですが、本間さんが二日酔い。一番最後に起床。多田さんご夫婦と前原さんの奥さんがフリーマーケットに出かけ、ふーさん親子が温泉に行ってるうちに久保さんが得意なそば打ちを披露。幸いなことにふーさんだけは美味しいそばを口に出来ました。

午後はだらだらと解散。用意が出来た人から帰路に就きました。何人かがもう一泊? 確か当日は国民的行事があったはず。でも誰もそのことを口に出す人はいませんでした。


キャンピングカー3台を残しふーさんも帰路についた。

 


戻る