−2004/10例会報告−   その2

そのご残留組がキムチ鍋を食す。口々に「辛い」。一味の入れ過ぎとだし不足。中村さんいわく「これは一味鍋だ」。その後だし入り味噌などの味付けや、煮つまりで何とかそれなりの味が調い、おかげで捨てることなく最後まで食べ干してくれて一安心。

陽が落ちるころ雨に。夜のメニューは手巻き寿司。久保シェフの手で中村さん差し入れの魚介類はじめ、久保さん持参のたこ、イカ、いくら、卵焼き、そのほか豊富なネタを料理、これまた実に贅沢なキャンプ食卓に。


(こんなの聞いてないぞ)


(何で昨日出さないの?)

(旨そう!!!)

時が進み、酒が進み、「久保さんは出来ない料理がない。たこ焼きでも何でも」という話に。「まさか」の声に即久保さんの車からたこ焼き器の登場。見る間にたこ焼きの出来上がり。久保シェフの面目躍如。

雨脚結構強くなり10時過ぎCCに。この日はみな比較的早く床に着いたようす。11日、仕事を残していたので6時起床、久保さんの見送りを受けて10分後に岐路へ。小雨模様ながら、早朝で空いていて一時間ちょっとで家に到着。台風の影響をほとんど受けることなく、今シーズンのキャンプ例会に幕。

今年あとは11月末の総会例会を残すのみ。冬キャンプする人もいるかもしれないけど、みなさん来春までキャンピングカーしっかり保守を。  

(報告:垂水)