2005年5月例会報告

今年もGW例会は留辺蕊の「創造の森」での露天風呂キャンプ。もう何年続いてるか数え切れなくなった。 3〜4日がメーン。
でもその前に阿寒方面をめぐってきたメンバーや網走湖畔で前泊した一団も。網走湖畔は道内有数のカヌー基地。地元の市山さんと札幌組が競艇しようということになり、何人かが2日に湖畔のキャンプ場で一泊。
おいらは近くの実家に用事があったので3日朝現着。静かな湖に面し芝生があって、管理棟(無人)、きれいなトイレや水場も整い、しかも無料。キャンパーにとってはこたえられない施設で、案の定本州からきたキャンパーが長期間居座っていた。
市山さんのカヌーは、地元で観光客相手のカヌーガイドをしている人とのペア、こちらは藤原氏とのコンビ、ともにタンデム(2人用)シーカヤック。湖から網走川を下るコースでスタート。ところがカヌーの形状が異なり、底に水切りが付き柳葉のように細い当方のカヌーが速さで勝ることはレース前から決着していて勝負にならず、もっぱら本職のガイドさん付きで観光を楽しむ。
 途中、カワセミやアオサギなどかずかずの野鳥が目を楽しませてくれる。折返し点の網走刑務所では予想もしない動物と対面できた。なんとゴマフアザラシ。2艇の間に突然姿を現し、3度ほど浮上しわれわれに愛くるしい顔であいさつしてくれた(そうではないか)。ガイドさんいわく、いまどきはめずらしいとか。往復約2時間、ゆったりしたカヌーツーリングを楽しんだ。     
ガイドさんが所属する近くのホテルが立てたゲルなどを見物、クラブにも一戸ほしいなあ、なんてつぶやきながら湖畔を後にする。
午後3時前、創造の森・福田温泉着。コースターのキャンピングカーを廃車にして意気消沈していた半浦さんが、みなの励ましで前日から参加。軽ワゴンを改造し熱のこもった造りに仕上がっていたが、親戚に不幸があって本例会には参加できなかった。
この日の参加は幹事の中道さんご夫妻のほか、野崎さんご夫妻、市山さん、藤原さん、それに仕事だった久保さんも高速を飛ばして夕食後到着。
ここの売りはなんといっても自然、それしかないけど、天然の露天風呂に入るとそれを実感する。今回は目の前の山肌に鹿が数頭出てきてわれわれを喜ばせてくれた。ただ天然露天風呂、二つともビニールで囲いをしたので、完璧な露天風呂とは言いがたくなったし、見た目にもそんなにかっこいいモンではないけど、長時間快適に浸かれるようになった。
例によって夜はログの中で二次会。おいらはそこで一人泊まる。 翌朝また入浴。毎日来てるという地元のおじいちゃんに今年も会えた。ほどなく会場をあとにする。今回もわけあってトラックでの参加、評判は悪かった。
例によって夜はログの中で二次会。おいらはそこで一人泊まる。 翌朝また入浴。毎日来てるという地元のおじいちゃんに今年も会えた。ほどなく会場をあとにする。今回もわけあってトラックでの参加、評判は悪かった。


戻る