2005年7月例会報告

海の日に向けての3連休に例会を設定。会場は初開催の余市マリーナ前。 大混雑間違いないので、15日の金曜に出かける。北広島から札幌新道経由で 手稲まで抜けるのに1時間10分、夕方の新道は避けるべきだった。
それから1時間後の6時過ぎ到着。当方この場所は20年ぶりくらいか、すっかりきれいに埋め立て整備され、芝生にトイレや水場も整っているのには驚いた。でもさすが平日、キャンパーは2、3台しかいない天国。
先着はNさん夫婦、いつもの無茶な運転(怒るかな)がたたり途中でクラッチの寿命がきてあえぎあえぎ着いたというFさん。早速スクリーンテント内でボチボチ宴会を開始、やがてKさんが会社の仲間と3人連れで現着。今例会のメーンエベント・樽生のビアパーティーの第一弾の開始。普段はあまり口にしないNさん、Fさんもグビリグビリ。風なく気温もほどよい最高のコンデション。
翌16日も薄曇りながら夏らしい気候。朝食を早々に済ませFさん、Kさんの仲間とともに漁港からカヌーを漕ぎ出す。余市川の河口のうねりを難なく乗り切り上流を目指す。ふだん目にすることのない岩場や景色を眺めながら1時間あまり、それ以上のぼれない鮎料理店(水明閣)のあるポイントに到着、一休み後引き返す。
下りは楽チン、往復2時間あまりの快適なツーリングだった。  午後、ラベンダー色の見慣れたCCが。今年は来られるのかとうわさをしていた関西のT会長。2日前に来道し、わが例会の日にちを記憶違いしていたそうで、前日偶然にもすぐ近くの道の駅に泊まっていたとか。携帯を水に落としてデータが消滅、奥様の携帯に唯一わがKM会員の番号があり連絡して本例会が分かったとのこと。
旧会員のMさん、さらには8時間かけて遠く北見からNさん夫妻、パチンコが忙しくて(冗談です、仕事です)久しぶり参加のYさん、そしてFさんの長女と 彼氏、長男、夕方にはHさん夫妻と予想を超えるにぎやかさに。結局この日、7正会員プラスゲスト3の計10ファミリーの参加に。
 お目当ての1杯100円のビアパーティー、気温湿度とも申し分なく、売れ行き絶好調。それを見越してか、担当のKさん20リッターのほかに10リッターのサーバーも用意、この日両方ほとんどカラにしたみたい。持ち寄りの肉や魚や野菜など数々の焼き物、レザートのスイカなど、お祭り気分満点のメーンエベントだった。
  17日は混雑を避けて早めに岐路に。5号線の反対車線はどこも延々と数珠繋ぎ。それを横目にスイスイと1時間半で我が家。翌18日の海の日は雨降り。大大正解の7月例会だったかな。 (T)





戻る