2005年 9月例会報告     

10日〜11日、道央・空知は秋晴れ、というより残暑の2日間。 夜も通してTシャツ1枚で過ごせたなんて、信じられないような絶好のキャンプ日和だった。
  今回の例会場所は、野花南湖に面した上芦別公園キャンプ場。9月にもなるとキャンプ場は どこもキャンパーの姿がまばら。このキャンプ場も人影はほとんどなく、静まり返っていた。
夜はわがHNCCの完全貸し切り状態、何と幸せなことか。ただ唯一、残念だったのは、湖が 泥沼状態で、お目当てのカヌーを下ろす気にさえなれなかったこと。大雨の影響か空知川上流 で工事でもしているのか、いつもそんなにきれいな水ではないけど、この日はとくにひどかった。
10日3時過ぎからメンバーが続々到着。7ファミリー13人の参加。カヌーが出来ないとなれば、あとは食うことしかない。まず自家製のトウモロコシや枝豆、豚の角煮などが登場、早々とビールなどのピッチが上がる。やがて焼き物やちげ鍋、トン汁などのオンパレードに。
そしてついに出ました!カラオケの登場。室内やキャンピングカー内でのカラオケ例会は過去に例があるけど、テント内では初開催だ。ほかにキャンパーがいない事や民家が離れていることもあり、K氏(一人参加の)が用意。それでも音量控えめでスタート、マイクを握ったのは特定の人に限られていたが、12時近くまでお騒がせしたような。何でも途中パトカーが巡回してきたとか、でも何の反応もなく走り去ったとか。

暑くもなく寒くもなく、それでいて虫もいなくて、心地よい夜を過ごす。明けて翌朝、あたりは靄に煙り真夏の雰囲気。この日もひたすら秋の味覚を味うことに徹する。チャンチャン焼き、家庭菜園の収穫物のてんぷら、などなど。体重を一気に増やして午後帰路に。
  今回の参加は、ほぼ到着順にKB、NZ、F、T、NK、Y、KMの各氏。   (報告:垂水)

戻る