2006年9月例会報告

由仁・伏見台公園で
いい天気に恵まれ、のんびりと


 第3週の3連休、16〜18日にかけて開催。場所は由仁町の市街や空知平野を見下ろす、すばらしいロケーションの伏見台公園。天気予報はあまり芳しくなかったけど、16、17日は絵に書いたような秋晴れに。参加連絡も少なく、さびしい例会を覚悟していたけど蓋を開けると7会員+2ゲストのにぎやかなキャンプになりました。
 午後4時前に現着。先発の野崎ご夫妻・半浦氏がですでにあずま屋で宴を広げ「もうできがったよ」。あずま屋の前はイタドリなどの雑草が生い茂り展望をさえぎっていたそうで、ナイフで刈り込んでいただいていた。おかげで早速絶景を眺めながら、冷たく冷えたビールを1杯いただく。やがて木村氏が到着し、野崎夫人の指導で大型テントを設営。野崎さんは同じメーカーの小型版テントを保有していて、立て方を熟知。おかげでいつも数分で完成。ほどなく北見から7時間あまりかけて中道ご夫妻が到着。5家族・7人のパーティーがテント内で始まる。天井が高い大型テントだけに中でハデに焼き物をしても何ら問題なし。途中近くのユンニの湯に向かう人もいたけど、宴は続きあっという間に日付が変わって床に行く。
 
 
 

翌7時に目を覚ますが、日の出の絶景は言葉につくせないほどすばらしかったとか、寝坊して残念。朝の散歩は当然伏見台公園。なんでも昭和12年に昭和天皇が来られたところで、見晴台に記念碑が。そこからの夕張岳などの眺めもまたようござんした。朝食は木村さんのダッジオーブン料理・鳥釜めしをいただく。1羽丸ごとを煮込んだ釜めしは、生まれてウン10年で1番のうまさでした、お世辞でなく。このあとめずらしく久保氏がご夫妻で到着、昼過ぎには本間後夫妻も。その後、本間氏の親戚ご夫婦2組もゲスト参加、合わせて9ファミリー17人の集まりに。本間氏提供のスイカ割りなどで盛り上がったあと、ディナーは持ち寄り料理のてんぷら、鍋、手巻き寿司などなど豪華メニューで一同満腹に。

 
 
 
一風呂浴びて戻ると大型テント内はカラオケルームに変身していてびっくり仰天。この日、予定はしていたものの、マイク欠品で中止になっていたはず。ところが本間氏がマイク持参で急遽開催となったとか。テント内は、隣のキャンパーも飛び入りで10数人がのどを競う。会報案内にあった賞品は都合でボツでした。満点に近い点数だった本間さんの奥さんはじめ高得点の方スミマセン。ほかのキャンパーもいたので10時半過ぎお開き。
最終日は曇り空。朝食後早めにテント撤収。雨に1滴もあたることなく2泊3日のキャンプを終え三々五々岐路に。家に着くころには雨が。ラッキーな例会でしたよーん。(垂水)

 


戻る