2008年6月例会

いつもの「いちご豚肉まつり」にぶつけ7〜8日に開催。雨模様の6日から現地入りのメンバーも数組。7日は曇り空。サミット警備の全国の警察車両が警戒する中、豊浦町のしおさい温泉駐車場着。今回の参加は関西HMCC○田さん夫妻、関東HMCC○木さん夫妻、それに常連の佐賀○次さんのゲスト3家族を迎え、帯広○内さん夫妻、室蘭○村さん夫妻、同じく○川さん夫妻、そして札幌組みの○崎さん、○浦さん、○保さん夫妻、○木さん夫妻、藤○さん3代ファミリー、いつも単身の○水、合わせて12家族。北海道HMCCの通常例会としては過去最多クラスの参加となった。

外の方が気持ちが良い

いつものおじさん
親子とおじさん

例会の中身は食べて飲んでだべって温泉入っていつものとおりなので省略。今回は参加メンバーの近況などを。関西の○田さんは道内入りして20日ほど。依然人脈は拡大の一途で、今年は道内で木の玩具作りや野菜つくりにも余念がない様子。伊達で知り合った元SL機関士が木工用原木を届けに○田氏を訪れ、私も元機関士の方から国内外の自転車旅の様子などを聞かせてもらう。世の中にはさまざまな旅マニアがいるものだ。


  札幌のおじさんと九州のおじさんです。 こちらは全員道産子おじさん達

関東の○木さんは昨年9月の中札内例会に続いての参加で、今年も約3ヶ月ほど道内を巡る予定とか。帯広の○内さんは奥さまが大病されましたが例会に参加できるまでに回復、これからも積極的に旅にでかけたいと話していました。室蘭の中村さん、目の調子がよくないとのことで豊浦まで4時間かけけて到着、その後調子はいかがですか。春に本州に出かけた○川さん、○木さん。とくに○木さんは全国大会に参加、熱のこもった大会と歓待、そして手作り本格CCなどに感激の様子。札幌の常連組は省略…、おっと○崎さんは毎例会、大型テントやストーブ、薪などをトレーラーに積み込んで前日会場入り。今回もお世話になりました。


8日のイベントでわれわれのお目当ては長芋の袋詰め。○保さんが皆の分まで手渡しで取ってくれ何組かの参加者が千円で10数キロをゲットしみんなニコニコ顔。雪中保存のジャガイモも1袋100で3キロはあったかな。メーンのいちご&豚肉、メンバーはあまり買っていなかったようす。この日は天気がすごくよく、報告者は昼過ぎまで歌や踊りを楽しみ会場を後にする。
(報告○水)


大型テント撤去後           おじさん達の協力でテントのあと片付け


戻る