2008年9月 例会報告

初開催地の旭川21世紀の森。すっかり全国区になった旭山動物園の奥、大雪山のふもとに位置。道立と市立合わせてどのくらいの広さか定かではないが奥行き5キロはあり、さまざまな広場や研修施設、キャンプ場、水辺公園、パークゴルフ場、温泉などが点在する。わが家は前日、娘が休みになったので知る人ぞ知る(知らない人は知らない)「一本木勝太郎」の子?2人を伴って5人で21世紀の森ファミリーゾーンにあるコテージに一泊する。
     目印の旗
展望台から見たサイト
   

翌日家族は旭山動物園を見物し帰宅。19日、例によって単身で例会参加。ふれあい広場のキャンプ場はきれいに整備されトイレなど施設も充実、さらに幸運なことに快晴無風の絶好のキャンプ日より。先発の○崎さん、半○さん、○原さんが前泊。

     HMCCサイト
薪ストーブの出番
   


午後一番で現着の○保さん一家ともども名物の温泉へ。源泉かけ流し、40度とややぬるめながらきれいで温まるお湯。石鹸、シャンプー禁止だが入浴料無料とあって、施設利用者のみならず地域住民も多く入湯。前日夕方利用した際、平日ながら駐車できないほど大混雑していた。この日午前中、釣りに挑戦、1匹だけ上げた小ぶりなニジマスを柳の小枝に通し生かしていたが、入浴のあと皆でリリースした。

     森の湯
いい湯だね〜
 
ニジマス(本当に会長が?) 


北見から○山さん、中○さんも到着。○山さんは今回プリウス+トレーラー「スモールエッグ」の初お披露、スタイリッシュキャンパーの面目躍如といったところ。この日の参加はトレーラーが多数派だった。

     トレーラー
トレーラー
トレーラー
     スモールエッグ オフロード
 
夜のテント内パーティーには前○さん次男透君ファミリーも参加。幹事特製のボルシチはじめ、めいめい持ち寄りの料理などで8家族13人が秋の21世紀の森の夜を楽しむ。

 

ボルシチ   

鍋あさり
もくもく
    おじさん達はもぐもぐ


戻る