忠類ナウマン象記念館は、偶然発見されたナウマン象の軌跡とその雄姿を末永く後世に伝えるために1988年にオープンしました。   多くの発見がそうであるように、忠類ナウマン象化石は、1969年7月、忠類村晩成の農道工事現場で偶然発見された。
  発掘調査H多くの研究者、教師、学生らによって3回にわたって実施され、全骨格の80%にあたる47個の化石が発掘された。
  現在、忠類ナウマン象の復元骨格は21体複製され、日本のほか海外の博物館に展示されている。



戻る