2009年10月例会報告

桂沢湖
天気予報では石狩・空知の16から18日はろくな天気ではなさそうだった。でも札幌からの四人組(○崎、○浦、○原三氏と○水)は意気盛んに16日午前中札幌を発った。1時間半ほどで桂沢観光ホテル前に到着。受付をすませサイトを探すものの容易に見つからない。ずいぶん前に利用したことがあるが木が育ったことなどで様子が一変していたのだ。なんとか車止めのゲートをくぐった河畔に落ち着き、ドームテントなどのセットを終える。結局、このキャンプ場、その後入る参加者もわかりづらかったようで苦労をかけたようす。
一息ついた頃、17日現着予定の○内氏、○川氏から相次いで連絡があり「今日、明るいうちに着く」とのこと。天気も予報に反し申し分なく、早速ふーさん、のーさんとカヌーに。紅葉真っ盛りの山やまを眺めながら無風の湖面をゆったりこぎ進むのは何物にも代え難い満足感にひたったひとときだった。夕刻にほかの両夫婦も着き、キムチ鍋などを囲み楽しく歓談。夜も星空のもと雨はまったく降らなかった。
翌日はまたしてもカヌーに挑み、ダム最上流まで足ならぬオールをのばす。この間、ホテルの温泉につかりゆったり気分を満喫した人たちも。午後には○中夫妻に続き、参加が難しいとされていた○保夫妻も到着。合わせて8会員、12人の集いとなる。夜は焼き物あり鍋ありワインありブランディーあり数々のフルーツありで、豪華な宴会となった。
この夜は一時雨が落ちたものの最終日も晴れる。天気予報がいい方に外れることは実にうれしいこと。9月に続く晴れ例会で、天は8月まで連続雨に未見舞われた不運を帳消しにしてくれた。
帰り際、発電機のそろい踏みがあった。ある時、K氏が音が静かで超コンパクトなホンダEX300をゲットしたのをきっかけに次々と増え、この日に4台がそろった。この機種、今は製造されていないのだが、オークションその他で入手しクラブ内でちょっとしたブームに。別に必需品ではないがあると緊急時などにちょっぴり安心というところか。(報告:垂水恒明)





戻る