2010年 8月 例会報告



暑い、とにかく暑い今夏の日本列島。北海道も例外ではなく盆が過ぎても30度を超す日が続きました。こんなこと記憶にありません。21日も蒸し暑かったです。会場は昨年同様「滝川ふれあいの里」。午後到着、すでに何台かが先着。早速ドームテントを張ったものの、とても中にはいられない。青空の下、テーブル、いすをセット。気温は高くてもやはり外はすがすがしい。
  滝川といえばジンギスカン。夏と言えばスタミナがつくジンギスカン。北海道のキャンプの定番といえばジンギスカン。今例会でジンギスカンを外すわけにはいきません。幹事の○中さん、前○さんの手を煩わせ本場の肉と大鍋、ガスのセットを用意していただきました。野菜担当は拙者。まるまま持って行ったので下ごしらえを奥様方に手伝っていただきました。


キャンプ場ではないけど絶好の会場


 5時、ジンギスカンパーティーの始まり。大鍋で豪快に焼く肉と野菜。真夏の蒸す空気と相まってこの時期ならではの抜群のうまさでした。いや、そうした声があちこちから出ました。これに生ビールがあれば言うことなしだったのですが、いつもお世話になっている○保さんが仕事の都合で遅くなり残念でした。贅沢は言っておれませんね。持ち寄りの缶ビールやウイスキー、バーボンなどで宴は最高潮に達しました。

 
焼肉パーティーの始まり
青空の下の宴は夏ならでは  

 話題は来年の30周年記念例会にも及び@本州のHMCC会員に参加を呼びかけてはA退会した立ち上がり当初の会員を呼ぼう、などの案がとびだしました。HMCCも当初は子供連れのファミリーキャンプでしたが最近は子供さんの参加が希になってきました。今回は○原さんの次男透くん夫婦とお孫さんが参加しました。そして近年シーズン中は本州からのゲスト参加が目立っていますが、今回も3夫婦が加わりました。なかでも関西の多○さんは北海道の長期滞在が今年で10年目になるとのことです。

 

滝川と言えば何はなくともジンギスカン 
でかくてうまかった
ゴジラのたまご  

 で、ゲストの稲○さん、下○から月形名物の超特大スイカ「ゴジラのたまご」の差し入れがあり焼き肉後のデザートに。初めて味わせていただきましたが糖度も高く申し分ない味。約20人で食べ放題でしたが、それでもすべてを消化できない大きさでした。

    
親戚同士で腹の
さぐり合い

 やがて雨に。温泉に行く人あり、テント内で2次会する人あり。雨が降っても蒸し暑くとうとう短パンとTシャツ1枚で通しました。こんなこといままでなかったことです。夜中にも雨があったらしいのですが覚えがなく、翌朝6時までぐっすり寝込みました。雲間から日が出ていて心地いい朝。散歩したりコーヒー飲んだり、のんびりくつろぎ、昼前後に流れ解散しました。

仲良し3人
本州組もリラックス

  今回の参加は北見の中○さん、○山さん、帯広の○内さんら会員9台、ゲスト3台、合わせて12台25人でした。(報告;垂水) 
 

小さな子供の姿も久しぶり

お世話になりました。



   

戻る