2011年 4月 例会報告



やっと長い冬が終わり北海道にも待望の春の訪れです。でもすっきりしない天気が続き、パッと花々が咲き乱れる本格的な春が待ち遠しい今日この頃です。そんななか今年の初例会が23〜24日、岩見沢市の北村温泉キャンプ場で開かれました。



 
春の訪れとともに渡り鳥が北へ旅立ちました。  

札幌は23日朝から雨模様。ぬれながら仕度を急いでスタート。幸い江別を過ぎたあたりから小雨となり北村に着くと曇り空。早速クラブテントを設営。そのうち雨が。なんとラッキーなことか。こんな日は飲んで食べるしかない。テント内はストーブがガンガンでこの時期でも快適。

 

今回は常連のNさんが胃の全摘で、Fさんが心臓にステント挿入手術でそれぞれ不参加。幹事のKさん、それにHさん、関西のTさんを交えた4人で宴会が始まる。初例会記念とTさん歓迎を兼ね、Kさんが生ビールを1杯100円の破格値で用意。

   後ろのティッシュの箱と比べると
1パイで鍋が一杯に

巨大 毛蟹


特別出品は同じくKさんの特大毛ガニ。1パイ1・3キロというおばけのようにでかい毛カニは見たことがない。でかすぎて1パイずつ茹でる。冷えるのを待ちきれずカニパーティーがスタート。少し水気が多かった(あとで茹で時間が短かったことが原因とわかった)が、やはり毛ガニはうまい。4人で2ハイは食べきれなかった。このあとのメーンディシュは手巻き寿司。なんと贅沢なキャンプか。ウイスキーや焼酎なども登場しほろ酔い加減の11時ころお開き。

手巻き寿司はめいめいが好みのネタを選んで・・・
いただき〜ま〜す。

雨は夜通し降り続き、翌朝はテント内まで水浸し。でも雨脚は次第に弱まる。早々にSAさん夫妻が訪れる。体調不調ながら前日温泉泊のSUさん夫妻も再び姿を見せ、まずまずにぎやかな8人のデーキャンプパーティーとなる。昼はKシェフによる特性カレーで締める。雨もなんとか上がりテントはほぼ乾いた状態で撤収することができた。温泉には入り損ねたが、「おいしい」初例会だった。(報告TAR )  
                                   

    

集合写真 (加工ふーさん)

 



   

戻る