2011年 5月 例会報告



開催してきましたが、昨年から花見をかねて5月に開いています。花見といっても特に桜が見ものというわけではなく、数キロ先の壮瞥公園の梅林が人気スポットです。
キャンプ場はシーズンインしたとはいえ、まだ閑散としていました。例会に集まったのは11台20人と5月としては多分過去最高の参加数でした。あと車のサイトにいたのは2台だけでほぼHMCCの独占状態。



   貸し切り状態のキャンプサイト
やっぱ、若い子が居るとテントの中にも花が
咲いたみたいです。

 初日昼前後に相次いで参加者が到着。例によってクラブのドームテントや薪ストーブをセットしたあと温泉に。露天風呂やサウナはありませんが390円でほっこり楽しめるのはこのキャンプ場のウリでしょう。
この日のメニューは久○シェフ作のトン汁。久しぶりにクラブの大大鍋(普段は中大鍋)が出番となり、いつもどおり見事な味に出来上がりました。


人数的にクラブテント内に全員は入りきれずいくつかに分散してのパーティーとなりました。今回も生ビールが登場し、持ち寄り料理などを囲み宴が続きました。サイトの会員外の2台のうち1台は顔なじみのインド人夫妻。そしてテントキャンプしていたカナダと米国籍のペアも飛び入りで宴に加わり国際色豊かな会になりました。
   小さなストーブの登場
新会員ともすっかり仲良く

 

30周年について話し合いが
行われました。

カナダと米国籍のペアも


今回ゲスト参加した砂川の中○さん、苫小牧の○辺さん両ファミリーが入会しました。お二方、カヌーも趣味で中○さんはかつて天塩川100マイルツーリングに参加し、昨年11月の北村での例会にも参加しています(新会員の紹介は後記)。

翌日はミーティングを開き30周年記念大会の内容などを詰めました(詳細別記)。天気も次第に回復、集合写真撮影の後、遠方から参加の○内さんらが会場を後にし、中○さん○辺さんは外人二人とともにカヌーに。ブランチは久○シェフの手打ちうどん。シコシコでつけ麺、釜揚げともグッドでした。その後何人かで大混雑の梅林公園へ。花は三分咲き程度でしたが羊蹄・ニセコの山々を背景に抜群の眺めを楽しむことができました。(報告:垂水恒明)
    壮瞥公園の梅林が人気スポット

 
syugou
    

多分過去最高の参加数、カナダと米国籍のペアも飛び入りで、はいパチリ

 



   

戻る