2011年 6月 例会報告

            6月の月形皆楽園キヤンプ例会報告

 よさこいのフイーバーに続いて北海道神宮の例大祭も、いつもの年と違った雰囲気で過ぎ去ったのは、東北の大災害の影響でしょうか。亡くなった方々のご冥福と一日も早い復興再起をお祈りします。



    開放的なキャンプサイト  

 われらは暗い世相を吹き飛ばす様な夏だ祭りだの気持ちを込めて、6月のHMCC例会を18日〜19日に札沼線月形町の皆楽公園キヤンプ場で開催しました。このキヤンプ場は、過去20年のあいだに何回か利用させてもらい、例会は今回で3回目の参加になります。
  遠方の方、又お近くのかたの中でも、血気さかんな方達はのんびりと道中を楽しみながら前日には家を出発したとの話も聞きました。

 

 初日は雨をじっとこらえている様な曇天でした。小生が到着の頃は既に何家族かお集まりいただいてましたが、クラブのシンボルである巨大なドームテントが見えません。まもなく荷物トレーラーを牽引して幹事が到着。聞くと出発の時にタイヤがパンクしているのを発見し、急きょ自家用の軽トラタイヤと交換してからこちらへ向かったとの事でした。
 さっそく皆で寄ってたかって荷下ろし、テントは大勢で設営をするので瞬く間に組み立て完了。例の薪ストーブまで一気に組み立てて早速点火、やっと一安心。

新しい仲間
若い人たちの参加で今まで忘れていた

華やいだ雰囲気が・・・


 今夜の献立は ケンチン汁で、味付けはいつも腕をふるってくださる会長です。夜半になって天も我慢出来ないのか、時折雨もぱらつき、それと共に気温も幾らか低くなり今回の鍋汁は好タイミングでした。会員の平均年齢も一年ごとに高くなるなか、5月に新しく仲間になり高齢化にブレーキをかけていただいたファミリーも参加いただきました。嬉しいですね。

ま  ぐ  ろ
   さぁ、今からまぐろの解体ショー
トロ定食 (先に帰った方ゴメン)

 翌日は快晴で早朝から池の周りは鮒釣りの人達が釣台から一心に釣り糸を投げ込んでいました。記念の集合写真をわがクラブのカメラマンに納めていただき、習志野、帯広、室蘭と遠方組が帰路に。会長さんにお昼をご馳走になり、小生も、今回は家に置いてきた小動物が気になりわがままを言ってひと足先に帰らせてもらいました。参加は9台17名と+4匹。意外ともの静かな例会でしたが、蘊蓄(うんちく)を傾ける話題と語らい、得るところが多い豊かな集いだったと思います。いつもの事ですが、三役はじめ、参加者の皆さんに感謝して。(野○記)

                                   

syugou
    

 

 



   

戻る