2012年 10月 例会の報告

 朝晩の冷え込みが急に進んで一気に秋がやって来た。 9月例会に引き続き10月例会も悪天候の予報を大きく裏切り気持の良い秋空の下での開催となった。 徳舜瞥(とくしゅんべつ)山麓キャンプ場は昨年と同じ場所。
今回私はキャンピングトレーラーに愚妻付参加、○水家はカーゴトレーラーに珍しく妻プラス五女連れ、○崎、渡○辺、○島、○堀、○中各家もご夫婦での参加、それに○保さん、○浦さん、○島さんはそれぞれ「単身赴任」。合計11家族17人プラス愛犬5匹と、10月としてはにぎやかな集まりになった。


 
徳舜瞥(とくしゅんべつ)山麓キャンプ場
 

  途中、喜茂別でパーティメニューのきのこを仕入れるために「きのこ王国」に立ち寄った。ここで偶然食事中の○保さんに会い、彼から「途中できのこを採って行くから買わなくても大丈夫」と告げられる。しかしもし当てが外れると非難されるのは幹事の私、結局最低限の材料を仕入れて例会会場に向かった。

 いつもなら真っ先に大型ドームテントを建てるのに、今回は痛んだドームテントの修理を行った。使い始めて6年余り、テント地がすっかり劣化してあちこち穴だらけになっていた部分を修理用のパッチで貼った。ドームテントの余命や如何に?


○保会長の収穫披露

落葉きのこ

 


 ドームテントが無事設営を終えたころ○保さんが到着。なんと期待通り落葉きのこを大量に採って来た。落葉きのこはこの時期採れるきのこの中でも最高級品で大きさ、形も文句なし。奥さん連中が総出できのこ汁の下ごしらえをして、4時ごろには大鍋いっぱいのきのこ汁が完成。


奥さん達総出で
きのこ汁の下ごしらえ

 日が落ちると一気に気温が下がり薪ストーブの温かさがありがたい。ガンガン燃えているストーブを囲っていつもの馬鹿話に花が咲く。○堀さんの娘さんが夫も息子も家に残し一人で夜のドライブを楽しみがてら訪ねてきた。きのこ汁の後は親子で天体望遠鏡を持ち出し満天の星を見ていた。満天の夜空は見ていても気持が良いものだが、望遠鏡で覗く星影の魅力は、やぼな私にはわからなかった。

準備完了
             きのこ汁の完成  


メイン会場
            別会場その1
別会場その2

 翌日曜日も雲ひとつない快晴。早めに集合写真を撮影。今回は文字通り参加者全員が集まった。リードを外された愛犬たちは原っぱを全力で走りまわり、足腰の弱った人たちはそれを羨ましげに見ていた・・・。




日が高くなり、夜露が乾くころ各自後始末を始めた。前日やり残したドームテントの天頂部を修理しながらの撤収作業も無事に終わり。解散となった。(報告・○原)


参加者全員での集合写真





 







   

 戻る