2014年 7月例会報告

 今年の例会参加者はめっきり少なくなったようだ。かく言う自分ものっぴきならない都合ができて幹事だった6月例会さえ行けなかった。聞くところによると体調不良や諸般の事情で出かけられないメンバーが多いとか。高齢化が進む当クラブにとって例会開催が維持できるかどうか重大な岐路にさしかかっていることは間違いない。



   
       モイレ海水浴場            シリパ岬              キャンプサイト

 前置きはさておき、7月例会は19〜21日の3日間、余市漁港の空き地で開催した。 中日が仕事と重なっていたのだが、ほかの人に代わってもらい3連休をとっての参加となった。余市は風が時折強かったものの夏らしい気温に恵まれた。 初日の参加者は幹事の半○さんが長い入院生活を経て久しぶりに顔を見せ、あとは久○会長と事務局の藤○さんを合わせた役員4会員のみ。 と思いきや前○さん次男ト○ルくんファミリー4人がひょっこり姿を現した。旭川から積丹にキャンプに行く途中、偶然出くわしたそうだ。急きょ積丹行きを取りやめわれわれの例会に加わることになった。この日集まったのは大人9人、こども3人の計12人。おかげで何とか例会らしい形が整った。

    
            テント内で大はしゃぎ  

 子供は藤○さんの孫とト○ルくんの子2人でいずれも幼児。元気に遊ぶ子たちを見ていると30年くらい前の例会が再現されているようで、久しぶりに賑やかさを取り戻した感があった。
                        恋するフォーチュンクッキーを踊る未来のAKB48



 
 この日は久○会長が生ビールを用意してくれ、暑さで乾いた喉を潤してくれる本生の味は格別だった。またパーティーメニューは手巻き寿司で、地元で仕入れた新鮮なネタに1升のメシと120枚の海苔を用意。これを大人9人でほぼたいらげたのだから、みなの満腹度がわかっていただけるはず。

    
              手巻き寿司  



 翌日も晴天。キャンプした場所の横は海水浴場でお子達は前日に続いて海遊びを。この日、藤原ファミリーは岐路につき、入れ替わるように室蘭から中○さん夫婦がやってきた。彼も仕事が忙しく今年初参加。陽が高いうちからビアパーティーが始まった。20リット
ルのビールは中ジョッキ約50杯パイ。これが早々に空になった。人数の割にはみなよく飲んだものだ。二日間、雨もなく、騒音もなく快眠できた。最終日はほかに予定がある人もいて9時にはお開きとなる。
    
     




            
                                    集合写真  

 

 

8月例会は中村さんの幹事で皆が参加しやすいよう月形のキャンプ場に決めた。温泉もある。 多くの集まりとなることを願うばかりだ。                                                              (報告・垂○恒○)


   

トップ戻る