2015年 8月 例会の報告

 8月例会は北海道HMCCの夏祭り。会場は滝川ふれ愛の里。滝川といえばジンギスカン。ジンギスカンなしに滝川の例会は格好がつかないというわけで、生ビール&ジンギスカンパーティーを開くことに。 ○保会長特製のドラム缶を加工した大型コンロを前日に軽トラで取りに行き、クラブのトレーラーの上に乗っけて22日会場に向かう。


 昼過ぎ現着。地元の○中さん夫婦、大分の本多さん、室蘭の○村さんファミリーが先着していた。会場のふれ愛の里海洋センターは、キャンプ場ではなく○中さんが政治力で駐車場などの使用許可を取ってくれていた。 まもなく○保会長、○島さんらも着いてドームテントや大型コンロなどの設営を終える。


  


  生ビールのセットは今回も会長が用意、早々にジョッキを持つ姿があちこちに。カラっとした空気でビールののどごしが心地よい。ジンギスカン肉は○中さんが5キロを手配、炭を起こして特製鉄板でジュージューと焼肉が始まる。野菜の網焼きも同時進行、にぎやかにパーティーが始まった。 
 ほどよい気温で虫もほとんどいなくて、テントの外での宴会が続いた。ジンギスカンに生ビールはまさにベストマッチング、クラブの夏祭りは北海道を代表する味を十分堪能できた。  

    子供たちは夕食後花火を楽しんだ。ふれ愛の里には温泉もあり、湯を楽しむ人も。テント内の二次会では相変わらずジョッキを傾ける人もいて、日付が変わる頃まで歓談が続いた。話題は多岐に渡ったが、エッチな話もあって内容はここでは報告しない。
 現在唯一道外メンバーの○多さんは数年前に忠類の例会で入会。7月末から道内入りし今回の例会参加となった。砂川の○島さんはお孫さんがはじめておじいちゃんと二人でキャンプした。
 

 ○村さんちのめぐちゃんは懐妊中で年内に二人目の男の子が産まれる予定とか。○原さんの孫2人、○原さんちの孫娘らチビッ子をめぐちゃんの旦那が遊び相手をして歓声が上がっていて、にぎやかな例会だった。このところ寂しい例会になりがちなわがクラブ。親子三代に渡る例会参加はほほえましく、今後も続いてほしい。 というわけで今回、8メンバー、22人(大人17人、子供5人)が顔をそろえた。
           (記 ○水)



                
 
    

集合写真



   

トップ戻る