2016年 4月 例会の報告

 今シーズンの開幕キャンプが23日から24日にかけて岩見沢市の北村ふれあい公園キャンプ場で開かれました。開幕といってもキャンプ場はまだ大半がオープン前で、このキャンプ場も水道とトイレはまだ使えませんでした。それでも幹事の○保会長が交渉の結果トイレは温泉内のトイレを貸していただけるとのことで、今年初キャンプをここで開きました。

                
  

 23日は朝から雨模様。午後は上がるとの予報で昼過ぎに札幌を出発。3時ころ現着、○保さん○島さんが先着していて、雨もほぼ止んでいてドームテントやストーブの取り付けに入ると○村さん夫婦も到着。準備が整い、暖かいテント内で早速宴会が。あれやこれやのバーベキューや鍋料理などを肴に酒が進みました。日が暮れたころ○原さん夫婦が愛用のスポーツカーでひょっこり現れ、にぎやかさが増しました。
 さすがにこの日キャンプしたのはわれわれだけで静かな夜でした。気温は5〜6度まで下がったでしょうか、11時前に消灯。電気毛布のおかげでぐっすり安眠できました。

 

   
       

 6時過ぎ起きるとあたりに人の気配が。見渡すと駐車場は車で満杯でした。公園はフナ釣りのメッカでいつも竿を垂れる人がいるのですが、この日はざっと数えても30人はいました。おっさんばかりでなく家族連れや若い女の人もいてファン層の広がりを感じました。じっと垂れ糸を見つめる姿は自分たちとは異次元の世界に映ったりしましたが、それでも15〜20センチほどのフナがぽつぽつ釣れていました。
 早朝は朝もやに包まれていた公園でしたが、やがて日が差してうららかな陽気になりました。われわれはほかに楽しむすべもなく、10時前にテントをたたみ次回の洞爺湖での再会を望みつつ帰路につきました。 (報告;○水○明)


 





   

トップ戻る