2017年 9月例会の報告


 わが家は16日朝9時に自宅を出発。妻と孫の三人で老体キャンピングトレーラーを牽引して国道12号線を北上、旭川市21世紀の森を目指しました。
 途中、砂川市の有名な「洋菓子&銘菓ナカヤ」でアップルパイを買うため列に並び、昼食は北菓楼砂川本店で優雅に食し、旭川ではイオンでショッピング。あっちで休憩、こっちでトイレ、休み休み走った結果、21世紀の森に着いたのは4時頃。札幌から7時間ほどかかりました。

        
                

 ○村夫婦、前○一家、○保会長、○水相談役、新入会員の一家がすでにキャンプの準備も整い出迎えてくれました。そうです、前回に引き続きまた新規会員が来てくれたんです。紋別の○谷さんファミリーで、夫婦、3歳長男、1歳半の二男の4人家族です。奥さんは○村さんの娘さん(めぐちゃん)で、すでに何度も例会に来てくれたことがあります。

 
               

 前回9年前に訪れた21世紀の森は、砂利敷きのキャンプサイトで荒削りの大自然だけが売りのキャンプ場でしたが、今はすっかり整備が行き届き、舗装された通路のほかは全て綺麗な芝生になっていました。水場、トイレも気持ちよく、いたるところにルールや、禁止事項の掲示看板がありました。特にドックラン付の愛犬家用サイトが用意されて、ここ以外では犬を遊ばせることが禁止されていたのには感心しました。

     

 今回の例会には小3の男の子をはじめ小1の女の子2名、わんぱく3歳男の子、何をするか目の離せない1歳半男の子と5人の子供が参加していて、いつもの「敬老会」とは違った賑やかさがあり明るい例会となりました。疲れの知らない子供たちの遊ぶ姿は見ていて飽きません。

   

17日は良い天気。前○一家と藤原一家が旭山動物園に。残った人はまったりと温泉などそれぞれ野営を楽しんだようです。動物園は連休でもあり、大勢の見物客がいました。アザラシ、白くま、ペンギン、ライオン、トラなどなど展示に工夫された動物は大人でも十分楽しむことができました。ここで昼食後21世紀の森に戻りました。


 例会の予定は三日間でしたが大型台風直撃が確実になり、急いで撤収作業を開始、2時ごろには解散となりました。あわただしい解散になったが最近の例会の中ではとても楽しい例会でした。


          
                                         子供たちと共に集合写真



 

トップ 戻る